HOME>ホットトピックス>乗せ降ろしのしやすさやコストを考えて選ぶ

目次

オーソドックスな固定タイプ

子供

新生児用のチャイルドシートには大きく分けて3つの種類があり、その中でもオーソドックスなのは、座席に固定するタイプです。大抵の製品は固定する向きを180度変えることによって、赤ちゃんの姿勢を変えられるようになっています。そのため、首が据わらない新生児期は寝かせる形で、首がしっかり据わったら、向きを変えて座らせるのが基本の形です。ひとつあれば長い期間使用できるため、赤ちゃんが成長しても買い替える必要がなく、コストが抑えられるのが特徴です。

乗せ降ろしが楽な回転タイプ

チャイルドシート

新生児用のチャイルドシートには、固定している根元部分を回転させられるタイプもあります。固定されているチャイルドシートは、前のスペースが広くないと、赤ちゃんの乗せ降ろしをするのがとても大変です。その点回転タイプだと、根元を90度回転させて赤ちゃんをドアの正面から乗せ降ろしできるため、非常に楽です。

使用できる場面が多いキャリータイプ

子供

特殊なタイプのチャイルドシートとしては、シート本体を簡単に持ち運べるキャリータイプがあります。車の方には土台を固定しておいて、そこにシート本体を取り付けておく形です。そして、赤ちゃんを移動させる必要があった時には、シートを土台から取り外して、持ち手が付いているシートごと赤ちゃんを運びます。このキャリータイプは新生児期を中心に使用するもので、ある程度成長したら別のタイプに切り替えるのが前提となっています。

RVP2テキストリンク1

RVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンクRVP2-1

RVP2テキストリンク2

RVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンクRVP2-2

RVP2テキストリンク3

RVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンクRVP2-3

RVP2テキストリンク4

RVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンクRVP2-4

RVP2テキストリンク5

RVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストRVPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンクRVP2-5

広告募集中