HOME>注目記事>新生児用のチャイルドシートを選ぶポイント

新生児向けチャイルドシートのおすすめの選び方

新生児向を対象としたチャイルドシートであること、また車種に合っているチャイルドシートであることをポイントに選びます。

チャイルドシート以外に新生児に必要なもの

赤ちゃんが乗っていることを知らせるステッカー

後続車に申請時に配慮した運転喚起ができます。

日差しを防ぐサンシェード

新生児は自分で日差しをよけられないため、時間帯によってはサンシェードが必要です。

蒸れを防ぐエアスルーシート

エアスルーシートをチャイルドシートに設置すれば、蒸れずに快適に過ごせます。

チャイルドシート用のマット

安定の悪いチャイルドシートはマットの上に設置すればしっかり固定できます。

スペース確保のためのフック

ミルクやおむつなどの荷物もフックがあれば車内での保管場所に困りません。

生まれたばかりでも必要

親子

生まれたばかりの赤ちゃんを自動車に乗せて移動させるとき、抱っこすればよいと考える方もいるでしょう。チャイルドシートはある程度の年齢になったときに、初めて利用するものだとイメージしているかもしれません。しかし、新生児だとしてもチャイルドシートを使わなければいけないと決まっているため、自動車に乗せるときは気をつけましょう。これは法律上の話なので、チャイルドシートを設置しなければ罰せられてしまいます。なお、赤ちゃんにチャイルドシートを購入するときは、新生児に対応していると説明されているものを選ぶ必要があります。対応していないものを買うと、アクシデントがあったときにきちんと守れないかもしれないので気をつけましょう。

スタッフに聞けば説明してもらえる

子供

チャイルドシートを売っているようなお店なら、スタッフに聞けば新生児用の製品を教えてくれます。さらに質問をすることでおすすめのチャイルドシートも教えてくれるので、安全性が高いものを買いたいときは相談してみましょう。

広告募集中