新生児向けチャイルドシートの相場

新生児向けチャイルドシートの相場は、メーカーや機能によって異なりますが1万円から3万円ほどです。

チャイルドシートの前向きと後向きの違い

前向きは満1歳を超えてから

前向きのチャイルドシートは車の進行方向と同じに設置するため、助手席から振り向いて子供の顔を確認できるなど親にとっても子供にとっても安心感があります。しかし、頭の比重が重い新生児の場合、衝撃が加わった時に前向きであると受ける衝撃が強いため、満1歳を超えてからしか使用することはできません。

新生児には後ろ向きのチャイルドシート

後ろ向きのチャイルドシートは運転席に背を向ける形で設置するため、ジョシュ席から振り向いても子供の顔は確認できません。しかし、衝撃を受けた時に背中で衝撃を受け止めるため、体へのダメージが少なくなります。そのため、新生児は後ろ向きのチャイルドシートが義務付けられています。

正しい選び方を知る

チャイルドシート

6歳に満たない幼児や赤ちゃんを自動車に乗せる際には、チャイルドシートを利用することが法律で義務付けられています。これはもしもの場合に、シートベルトや大人の腕の力ではか弱い子どもを事故の衝撃から守ることができないからです。チャイルドシートは可愛らしい命を安全に車に乗せるために、欠かすことができない重要なアイテムです。そのため、選び方にも注意をする必要があります。まず必ず日本の安全基準に適合していること、そして子どもの年齢や身体のサイズに合ったものを選ぶことが大切です。海外のチャイルドシートはその国ごとに安全性を捉えているため、必ずしも日本の安全基準を満たしているとは限りません。またどんなに安全性の高い製品でも、子どもの大きさに合っていなければその性能を十分に発揮することは不可能です。生まれたばかりの新生児と6歳の子どもとの違いを想像してみてください。

生まれる前から準備を進める

ママと赤ちゃん

チャイルドシートの利用は、6歳未満のすべての子どもに対して義務付けられています。新生児ももちろん例外ではありませんので、病院から始めて家に連れて帰る際にもあらかじめ用意しておく必要があります。出産前後は何かと忙しいかもしれませんが、大切な命を守るためだということをしっかりと意識して準備しましょう。使用期間が短い割に高価な場合が多い乳児用のチャイルドシートには、レンタルやリサイクルを活用するのもひとつの方法です。また住んでいる自治体等から、購入に対する補助金を受けられるケースもあります。子供が生まれてから慌てるのではなく、事前にしっかりと調べて準備を進めておくことが大切です。

正しい使用法を理解しておく

子供

最後にチャイルドシートについては製品の選び方がとても重要ですが、それと同じくらい使用方法も大切です。正しく自動車に取り付けられていなかったり、あるいは子どもの固定方法か誤っていたりしたら、せっかく用意したチャイルドシートも意味がありません。特に新生児は本当にか弱い存在ですから、初めて車に乗せる際にはあらかじめ説明書をよく読んで使い方をきちんと理解しておきましょう。人形やぬいぐるみを利用して、シミュレーションをしてみるのも良いかもしれません。

長方形バナー2

正方形バナー1

TOPテキストリンク1

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク1

TOPテキストリンク2

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク2

TOPテキストリンク3

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク3

TOPテキストリンク4

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク4

TOPテキストリンク5

TOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストTOPテキストテキストテキストPr_linkテキストリンク5

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中